Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bullcup.blog.fc2.com/tb.php/10-faeff469

トラックバック

コメント

[C9] 実は、緊張してます

皆様、お久しぶりでございます。そして、いよいよ復活!エントリーお待ちしております。一部では厳しすぎるとの声もあるブルカップの車検ですが、思いっきり遊ぶにも基本は大事です。ブレーキパッド、タイヤ山のチェック忘れずに!ビニールテープの即席ゼッケンは車検落ちですので、よろしくお願いいたします。
  • 2013-04-02 16:01
  • 車検長 さの
  • URL
  • 編集

[C10] 了解

最後のレースの時の言葉を信じ復活を楽しみにしてました♪

DMの発送やエントリー方法変更の件了解です

周りの参加者に少しでも広がるよう声がけをしたいと思います。

色々大変かと思いますが私の初レースBULL CUP

これからも盛り上がって欲しいので微力ながらご協力させてください。
  • 2013-05-07 17:30
  • もとぷ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  web拍手 by FC2

主催者より 「2013年の開催に向けて」

ブルカップの初開催は、1988年でした。場所は桶川。懐かしい…。
当時は桶川の本田航空滑走路横に、本田技研が管理するオフロードコースが有りました。
全日本モトクロスも開催される本格的なコースです。
そこで、6時間耐久エンデューロとして開催されたのです。


ブルカップを振り返りつつ、2013シリーズ開催について

1970年代から始まったオフロードブームには、各メーカーから意欲的なモデルが次々に発表され、また、アメリカ、ヨーロッパのレース、モーターイベントなども紹介されました。
そして、これらに刺激されるように各地でリクレーション的なイベントや草レース、競技としてのレースなどが様々開催されるようになっていました。
そんな中、チームとして、また、個人としてあちこちのイベント、レースに参加する中、少し物足りなさ、というか、違和感のようなものを感じていました。
求めているのは、ピリピリとした競技要素の強いものではなく、そうかと言ってビギーナーに向けた入門的なものでなく、運動会のような思いっきり”楽しく遊べる”リクレーション的な物を求めていたのです。
無いのなら自分達で開催しよう。

そうして1988年、BULL CUP ENDURO は、モトクロスコースを使った6時間耐久として始まりました。

場所はセーフティーパーク桶川、通称”桶川”。
全日本の大会なども開催される場所で、Aコース、Bコースを連結した、
今思えば大変贅沢なレイアウトでした。あまり一般的ではないオフロードの耐久レースに、エントラントも勝手が分からず色々なアクシデントやエピソードが生まれました。
とはいえ主催者側もイベントの開催経験は無く、勝手が分からないのは同じ。
皆で手探りしながら育ててきた、そして育っていった、そんなイベントだと思っています。
その後、開催場所も内容も色々な変遷を経て、今に至っています。

1~2時間のレースでエンデューロと言えるのか?
モトクロスコースのようなコースをグルグル周回するのは如何なものか?
そもそもエンデューロとは…
などなど、ご意見を頂戴することもありましたが、常にブルカップが大事にしてきた事、大事にしたい事は”皆で、楽しく、全力で真剣に遊ぶ”です。

レースの形をとっていますが、競技を目指しているわけではなく、運動会の様でありたい。
”皆”にはエントラントだけでなくその家族、スタッフや主催者、はたまたコースの関係者、地元の方々など、ブルカップに関わる全ての人が含まれます。
楽しむためには、不正はなく、清く正しく、そして真摯に。
もちろん他を犠牲にして己が楽しむなんて無し。
そして、全力でマジに遊ぶんです。

エントリーした時から、企画した時から、ワクワクが始まり、イベントが終わり日常に戻った後も余韻を楽しみ、次が待ち遠しくなる。
ワクワク、ドキドキするけど、どこかホッとする。素敵だと思いませんか。
全てのライダーに共感してもらえる事だとは思ってはいません。
しかし、昔はちょっと違うと思っていたけれど、今は共感できる、またはその逆・・・とか、個人の中でも時間の経過による変化もあるでしょう。

何百人も何百台も集まる大イベントにはならないでしょうが、共感してくれる人が集い、楽しい時間が持てれば、そして続けていければ・・・と思っています。
とは言ったものの、イベントですから少な過ぎるのは寂しいですけどね。



残念なことに、解決できない問題や色々な事情があって2012シリーズは開催する事が出来ませんでした。
充分な備えが出来ていなかった事、準備不足など、原因を挙げれば色々ありますが、全ては言い訳。
開催出来なかった事実を受け入れつつ、反省の日々を送っています。

その上で今年2013年は、何とかブルカップを開催したい。
昨年、ブルカップ誕生25周年の記念すべき年に開催出来なかった訳ですからね。
そして原点回帰の意味も込めて、”耐久”に戻ってみたいなぁ、と思っています。
いきなり6時間は無理でしょうけど、少しだけ・・・。

1年のブランクが如何に大変な事であるかは、身をもって経験し承知しています。
蓋を開けてみたら2526thAnniversaryには似つかわしくない結果が待っているのかもしれません。
でも、始めます。共感して頂ける皆さんとの再開を心待ちにしています。

運営上、今後は案内とエントリー用紙のDM送付を止め、HP、ブログでの告知とエントリー用紙のダウンロードに切り替えて行きたいと思います。
少しだけデジタルチックなアナログですが経費と省力化の点から採用します。
ご理解ください。

このブログやHPの開設、維持。また、ブルカップ2013シリーズ開催に当たり、ご協力、ご支援、ご尽力いただきました皆様に、この場をお借りしてお礼と感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました。

TEAM FIGHTING BULL 代表  大槻匡弘

---------------------------------------------------------

以上、主催者からのメッセージでした。
DMの中止やエントリー云々に関して、初回は郵送物でのお知らせを行う予定です。

スタッフおさだ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bullcup.blog.fc2.com/tb.php/10-faeff469

トラックバック

コメント

[C9] 実は、緊張してます

皆様、お久しぶりでございます。そして、いよいよ復活!エントリーお待ちしております。一部では厳しすぎるとの声もあるブルカップの車検ですが、思いっきり遊ぶにも基本は大事です。ブレーキパッド、タイヤ山のチェック忘れずに!ビニールテープの即席ゼッケンは車検落ちですので、よろしくお願いいたします。
  • 2013-04-02 16:01
  • 車検長 さの
  • URL
  • 編集

[C10] 了解

最後のレースの時の言葉を信じ復活を楽しみにしてました♪

DMの発送やエントリー方法変更の件了解です

周りの参加者に少しでも広がるよう声がけをしたいと思います。

色々大変かと思いますが私の初レースBULL CUP

これからも盛り上がって欲しいので微力ながらご協力させてください。
  • 2013-05-07 17:30
  • もとぷ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  web拍手 by FC2

Appendix

訪問者

プロフィール

スタッフ おさだ

Author:スタッフ おさだ
BULL CUP STAFF / BLOG管理
連絡MAIL=kun69world★yahoo.co.jp
(※★=@)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。