Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bullcup.blog.fc2.com/tb.php/25-4695f9f6

トラックバック

コメント

[C53]

良いです♪
主催者側がぶれちゃいけない所はしっかり伝えて
参加者はそのルールを守りルール内で遊ぶ(競う)
のスタンスで全然いいと思います。
何かあったら参加者は主催者の責任というやからも居るのも事実
もちろん前回の意見をされた方がそうだと言っている訳ではありません。巻き込まれてしまった方はなおのことそう思いたいでしょうし。
なのでルールを守ってもらうのはスポーツとして当然です。
でも切り捨てごめんではなくアドバイスなどをしてあげて欲しいと思います。
私も実際BULLのマーシャルさんに
ブレーキホースの取り回しでご指摘をされた経験がありますがここをこうやって2本のタイラップで留めてみて
とアドバイスを貰い無事レースを完走させてもらえた経験から大変ありがたく思いました。
他のバイクに引っ掛けても引っ掛けられても
完走できなかったと思いますし
ましてや人を巻き込む危険性も有ったという経験からです。

スポークの緩みよく指摘頂きました。
最近は前日にちょっと締めて置こうかなと
考えられるようになりました。
競技という分野でのバイクって触ったこと無かったので
大変良い勉強になっており感謝しております。
スタッフ足りなければボランティアでも参加しますので
言ってください(笑)
ただ『いろは』から教えていただかなくてはなりませんが・・・

今度はもっと大勢の人とあの感動を分かち合いたいのでスタッフの方々も頑張ってください
  • 2013-09-05 15:02
  • もとぷ
  • URL
  • 編集

[C54] もとぷさんへ

いつもコメントありがとうございます。
フォローを頂けて感謝しています。今回は時間が空いてしまったり、内容がアレでしたので・・・(汗

今、次の準備をしていますので、早く次回の案内をお届け出来るように頑張ります。
  • 2013-09-06 11:01
  • おさだ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  web拍手 by FC2

前回の続き&そろそろ準備を始めましょうか

前回の相談事から1ヶ月と少し、暑さはいまだ衰えをみせません。

でも、月が変わればもうブルカップR-2の受付を始めないといけませんのでダレてる場合じゃないぞっと。

計画では、次回の開催は4時間の本レースと1時間の体験走行(スクール含む)で秋を満喫?する運びとなっております。 ※タイムスケジュールは別途

では、懸案事項ということで前回の続きをば・・・

1チーム複数台でのエントリーについて、改めて検討するに至った考えを述べます。(今さら???)

以前、複数台でのエントリー案を伺った時、「あぁなるほどこれなら初心者への助けになるのではないか?」と思ったのです。
例えばアベックカップルや父と子、最近なら母と娘なんていうパターンもありでしょうか。
ブルカップは長丁場に移行していきますから、ブルに組んで出てみたいけれど、極端な体格差や技能差が有り過ぎて1台のマシンに絞ることで参加を躊躇してしまう場合、本来はそういう部分も耐久レースの面白みではあるけれど、自分のマシンじゃなきゃ上手く走れないというビギナーにとってそういう壁を取っ払ってあげたら参加し易いのかなと。
我々スタッフ側が80年代の8耐の盛り上がりとか経験しているガッツリとした世代なので「そういうもの」というのが意識下にあるんですが、我々が疑問に感じない部分がもしかして皆さんの疑問の部分なのかもしれないな・・・って、そう思ったからなんです。

ということで、ビギナーに優しくベテランに厳しいブルカップとしては、そういう対応をすることはやぶさかではないのであります。

ですが、スタッフの数には限りがあり、安全以外の所にあまり人件費をかけたくない台所事情がありますので、極力手間は増やしたくない。多分、それは参加者側もそうだと思います。

今回、コメント欄で頂いた意見と、スタッフ内で確認した意見をまとめると

・周回チェックとしては、ゼッケン横に区別の為のA・B・C等の記号が入っていれば識別出来るし、まぁ変なことがおきれば大体「感じ」で分かる。
・集計技術的には、ラップタイムで「速すぎるタイム」等は監視が可能である。
・パドックにチーム車両がまとめて駐車してあれば、レース中のチェックも可能。
・タスキその他の識別に関しては、枝への引っ掛かり等の懸念もあり、しない方向で。
・スタッフと参加者の気持ちが通じてさえいれば、大丈夫なのではないか?
・悪いことする人はお仕置きだべぇ~


という感じですので、結局は、
・誓約書に一文を入れて、
・車両の記入欄を増やして、
・ゼッケン通達のメールでゼッケンに追加でABCを振る
・・・ということにしたいと思います。

皆様、お付合いありがとうございました m( _ _ )m


その他、要望を頂いておりますので、以下で回答します。
そして少々キツめの話になりますので先に謝っておきますゴメンなさい。

車検の件ですが、世の中に厳しい車検などはありませんヨ~。極論を言えば、

車検って落ちる方が悪いよね?常識的に考えて

です。

例にあげて頂いたJNCC・WEXの件はWEBにて確認させて頂きました。JNCCやWEXが初心者向けの車検は「有意義であるので行っている」としていますね。その部分はそのままブルカップに当てはまります。つまり、ブルの車検も「有意義だと思っている」のでやっています。

大体の指摘がタイヤの減りとブレーキパッドの減り、スポーク緩み等であり、車両がそういう状態でレースに来るということは、最悪の場合自分以外の他者を傷つける可能性があるのだ・・・ということをご理解ください。そして、残念ですがそういう車両がまれにですがやってきます。言葉は悪いですが、開催側は整備不良車両がコケようがコースアウトしようが関知しませんが、それにって渋滞が発生したり他者を巻き込んだりすることは可能な限り避けなければいけません。よって、車検は今まで通り行います。

JNCCの上位クラスに参加する方は、他人から指摘されるような整備はしていないでしょう。そして、問題の無い車両は誰が見ても問題が無いはずです。判断レベルの差があれば、相互間ですり合わせるべきですが。

ブルカップも参加者に対して指摘することが無くなるくらいになったら車検は無くなるのでしょうけれど、初心者歓迎のブルカップでは多分そうはならないでしょう。むしろ、車検の時に皆さんには指摘内容について会話をして欲しいですね。質問や基準の確認などを。
車検長、怖くないでスよ


因みにマフラーの件も、基本の考えは「その車両の純正の姿」ですので、そこを逸脱するものは指摘が入ります。

・・・コメントくれたGMさん、以前からコメントくださっているのにゴメンナサイ。キツイ感じの回答になってしまうのは、ブルのコンセプトでいうところの「真剣に遊ぶ」の「真剣に」という部分だから、ふざけられない部分なので・・・いや、違うな、ひと月考えてコレだから私には文才が無いのでしょう。

暗くなりましたが。

明るくいきましょう。

さぁ皆さん、第二戦の準備、はじめましょう


クラッチ回りの整備が後回しになってます:スタッフおさだ





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bullcup.blog.fc2.com/tb.php/25-4695f9f6

トラックバック

コメント

[C53]

良いです♪
主催者側がぶれちゃいけない所はしっかり伝えて
参加者はそのルールを守りルール内で遊ぶ(競う)
のスタンスで全然いいと思います。
何かあったら参加者は主催者の責任というやからも居るのも事実
もちろん前回の意見をされた方がそうだと言っている訳ではありません。巻き込まれてしまった方はなおのことそう思いたいでしょうし。
なのでルールを守ってもらうのはスポーツとして当然です。
でも切り捨てごめんではなくアドバイスなどをしてあげて欲しいと思います。
私も実際BULLのマーシャルさんに
ブレーキホースの取り回しでご指摘をされた経験がありますがここをこうやって2本のタイラップで留めてみて
とアドバイスを貰い無事レースを完走させてもらえた経験から大変ありがたく思いました。
他のバイクに引っ掛けても引っ掛けられても
完走できなかったと思いますし
ましてや人を巻き込む危険性も有ったという経験からです。

スポークの緩みよく指摘頂きました。
最近は前日にちょっと締めて置こうかなと
考えられるようになりました。
競技という分野でのバイクって触ったこと無かったので
大変良い勉強になっており感謝しております。
スタッフ足りなければボランティアでも参加しますので
言ってください(笑)
ただ『いろは』から教えていただかなくてはなりませんが・・・

今度はもっと大勢の人とあの感動を分かち合いたいのでスタッフの方々も頑張ってください
  • 2013-09-05 15:02
  • もとぷ
  • URL
  • 編集

[C54] もとぷさんへ

いつもコメントありがとうございます。
フォローを頂けて感謝しています。今回は時間が空いてしまったり、内容がアレでしたので・・・(汗

今、次の準備をしていますので、早く次回の案内をお届け出来るように頑張ります。
  • 2013-09-06 11:01
  • おさだ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  web拍手 by FC2

Appendix

訪問者

プロフィール

スタッフ おさだ

Author:スタッフ おさだ
BULL CUP STAFF / BLOG管理
連絡MAIL=kun69world★yahoo.co.jp
(※★=@)

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。